格安な結婚式でも幸せは同じ|納得の時間を過ごせる

ウェディング

ご祝儀やお祝い品のお礼

花

リストを作ろう

結婚祝いに対するご祝儀やお祝い品をいただいたら、それに対するお礼としてお返しの品を贈るのが一般的です。結婚式に参列してもらえる招待客の場合は、引き出物という形でお返しができます。飲食代の3分の1程度の品物をお返しするのが相場といわれていますが、最近はお相手に合わせて金額や品物を贈り分けする人も多いです。また、結婚式に参列されない人に対しては、結婚祝いのお返しを送付することになります。相場はいただいた金額の半分〜3分の1程度となっています。あくまでも相場ですが、いただいた結婚祝いの御祝儀やお祝い品の金額よりも高いもの、逆に安すぎるものはかえって失礼にあたりますので注意しましょう。また、結婚式の招待客に対しては、結婚式の際に結婚祝いのお返しをお渡しすることができます。招待客でない場合は、無事結婚式を終えたという報告を兼ねていることから、式後1ヵ月以内には送付できるように準備しておきましょう。ですから、結婚祝いをいただいたら、結婚式の招待客と合わせてリストを作成し、どのようなお返しの品物を贈るか早めにチェックしておく必要があります。人気の品物としては、お菓子や日用品といった、食べたり使用するとなくなる、消えものといった商品です。また、引き出物としては食器や日用品が根強い人気ですが、持ち帰るのにかさばる、重い、という理由からカタログギフトや引き出物配達サービスを利用する人が増えてきています。他人から金額がわからないので、お返しの品を贈り分けしたい人におすすめです。