格安な結婚式でも幸せは同じ|納得の時間を過ごせる

ウェディング

北海道から全国へ

結婚式場

お互い気兼ねなく楽しめる

従来、会費制の結婚式は北海道のみで行われるものとされていたが、近年は「従来の形式にとらわれずアットホームな雰囲気の結婚式を挙げたい」といった新郎新婦が増えており、全国的に関心を集めている。北海道での結婚式は挙式・披露宴への参列で約13,000〜18,000円程の会費となるが、全国的には挙式・披露宴ではなく披露宴と二次会の要素を併せ持つ「1.5次会」としての位置づけで会費制が広まっている。この場合のゲスト側のメリットとしては、まず金銭的負担が少ない事が挙げられる。親族であれば5万円、友人であれば3万円が一般的とされるご祝儀は負担と感じる人も少なくないだろう。その点、会費制での1.5次会であればほとんどのケースで半額以下に抑えることが出来る。また新郎新婦側としても、ご祝儀制の挙式・披露宴を行う際の準備に比べ、準備にかける時間を大幅に減らすことができるというメリットがある。また1.5次会の多くはレストランを貸し切って行われる小規模なものが多く、親族や気心の知れた友人との時間を楽しみたいという新郎新婦にはおすすめの方法といえるだろう。このように会費制の結婚式は北海道にとどまらず、全国的な広がりを見せている。節約志向が強まる世の中において、ゲスト・新郎新婦ともに金銭的な負担が少なく、お互いが気兼ねなく楽しめるメリットは大きい。これから結婚式を計画している人たちは結婚式イコールご祝儀制という先入観を取払い、会費制に目を向けてみるのも良いかもしれない。